こちらのサイトでは、着物の着付け用語について取り上げます。
和装をする場合によく使われる用語を知っておくことでスムーズに身に着けることができます。
また、様々な用語を知っておくことは、和装の世界観を理解することにもつながっていきます。
こちらでは、「帯揚げ」「お太鼓」「布目を通す」「衣紋を抜く」「おくみ線を通す」の5つの用語について説明します。
知っている用語を増やして、和装の世界を楽しむ余裕を持ちたいものです。

着物の着付け用語「帯揚げ」とは

着物の着付け用語「帯揚げ」とは 良く使う着物の着付け用語として、「帯揚げ」があります。
こちらは、女性が帯を結ぶ場合に使用する補助的な布地のことで、帯を結ぶときに使用する帯枕のひもを隠す目的で使われます。
そして、帯の上部から帯揚げの布地を少し出すことにより、ポイントとなって着物姿が映えるように飾ることができます。
一般的にはシチュエーションによって使い分けがされていて、式典や社交的な場などフォーマルな場面では薄い色目のものを使用し、普段使いやおしゃれ用としては濃い目のものを使います。
多くの帯揚げの大きさは、長さが160センチで幅が30センチほどで、材質は、礼装など改まった場所では絹が使われることがほとんどで、その他の場合は色や模様を重視して選ぶケースが多いようですが、着物の生地の質感に合わせるときれいに見えます。

着物の着付けの基本!帯締めをわかりやすく

着物の着付けの基本!帯締めをわかりやすく 着物を自分で着られるようになりたいと思っていても、知識としてその着付け方法を知らなければ着ることは出来ません。
今はネットでも調べれば簡単に出てきます。
素人の方は帯締めの方法が分からないという方もいると思いますが、意外と簡単です。
まずは紐を後ろから回し、前で左右同じぐらいの長さで結びます。
続いて上の方に出てきた方を、反対側に返して輪を作ります。
もう一方の紐の端を下から持ってきて、先ほど作った輪に上から通します。
最後にもう一方の端を下から持ってきて、先ほど作った輪に上から通して出来上がりです。
言葉だけですとわかりづらいこともあるかもしれませんが、画像が添付されていたり動画の説明を見ながらですとよりわかりやすいです。
また帯締めの方法は少しアレンジするだけで、かなり印象が変わって可愛くもおしとやかにも見せることが出来ますし、華やかな着物の場合は少しアレンジしてみるのも良いでしょう。
着物は日本人の心ですし、お子さんの行事や初詣、様々なイベントやお茶やお花などの習いごとの時にも着ていくと良いです。
着付け教室に通って基礎から習得すれば、さらにきれいに着こなすことが出来るようになりますが、最近は独学で着つけている方も増えています。

着付けの参考画像

着物 着付け